健が石津

妊活なんて聞くと、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。

しかし、男性にも出来る妊活があるんです。

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

流産や不妊におけるリスク要因は母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。

ですから、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、普段の生活を送っていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも良くあると思います。

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのがサプリによる葉酸の補給です。

容易な摂取が可能ですから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も大丈夫なんですよね。

妊婦にとって葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。

しかし、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。

これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると言われているそうです。

ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。

例えば吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。

葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。

一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。

そうした時におススメなのは、葉酸サプリの活用です。

サプリであれば、一日の摂取量が誰でも管理できるので、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には良いですよね。

妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。

ですが、葉酸というものは熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。

不妊体質を改善するために、いつもの食事を改めてみるのも大切だと思います。

精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、食生活が良くないのを放置していると、活発な卵子・精子は期待できませんよね。

育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。

栄養バランスの良い食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。

葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。

ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。

ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中で一体どのような成分が必要なのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。

そうした場合、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、総合サプリを選んでみることをおススメします。

冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。

体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することにつながります。

最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ストレスを和らげる効果もあります。

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です