手が言い逃れできないよう

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

また、不倫相手の方が浮気を認めない際は根拠が必要です。

どの人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。

その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。

養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう配偶者が不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を請求することができません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判所が決定します。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功となってしまうのです。

実際には浮気していたとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬を請求されるのです。

不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。

それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。

女性の場合、近所に住む奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、どんなことがあっても止めましょう。

探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。

しかしながら浮気の証拠を自力で集めようとしたら、相手に感づかれてしまう可能性はあるでしょう。

その原因ははっきりしており、あなたの顔が相手に知られているからです。

探偵が行う浮気調査でも失敗したりするようです。

探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗しない保証が少なからずあります。

尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行がばれることもあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を入手しようがないです。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費とは具体的には交通費やフイルムや現像料などをいいますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるようです。

そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、計算した費用です。

調査にかかる期間が短くて済めば支払い額も安くなります。出会い系サイトで割り切りの出会い